まゆ毛は毛抜きを使ってはダメ

顔の脱毛 > 脱毛方法 > まゆ毛は毛抜きを使ってはダメ

まゆ毛は毛抜きを使ってはダメ

顔のムダ毛の処理ですが、場所によっては毛抜きを使うこともあると思います。腕や脚、脇などに比べると毛が細く、顔全体を毛抜きを使って処理をすることは無いでしょうが、中でも「まゆ毛」のお手入れで毛抜きを使っている人は多いのではないでしょうか?

まゆ毛の形は流行り廃りがあるので、ある時期は細いまゆ毛が流行っていたけど、今は太くてナチュラルなまゆ毛が流行っているなど、その時の流行に合わせて変化をしていきます。

毛抜きやカミソリを使ってまゆ毛を整えることが日常的になっていることもあるでしょうが、実はまゆ毛のお手入れに毛抜きを使うのはおすすめしないんです。それはなぜだと思いますか?

抜く時の刺激がまぶたに悪影響を与える

まゆ毛の抜きすぎは注意が必要 毛抜きを使ってまゆ毛の手入れをしたことがある人は分かると思いますが、毛を抜く時痛みがあります。涙が出てくることもあるのですが、実はこの痛みがまぶたに刺激を与えてしまいます。

すると段々とまぶたが垂れてきてしまうのです。直ぐにそうなるわけではないので、まぶたが垂れてきたことを実感するのは将来的な話になりますが、垂れてしまったまぶたは元に戻りません。

もし10代の頃から毛抜きを使ってケアをしていたとしたら、20代後半や30代になったときに、垂れ下がってきたまぶたに悩まされることになるかもしれません。

腫れぼったいまぶたというのは、それだけでも老けて見えてしまいますからね。もし今毛抜きを使って手入れをしているという人は、今すぐにやめましょう。面倒に思うかもしれませんが、根元ギリギリをハサミでカットするような方法にすると、肌にも負担がかからず処理をすることができます。

もちろん、まゆ毛の脱毛もおすすめです。始めにまゆ毛の形は流行があるといいましたが、脱毛である程度まゆ毛を整えておけば、メイクでカバーすることも出来ますからね。


関連記事

  1. 自己処理で出来るだけトラブルを回避するなら
  2. 安いけどトラブルがつきもののセルフ脱毛
  3. 顔の脱毛ができる脱毛器を探そう
  4. まゆ毛は毛抜きを使ってはダメ
  5. どこに行けば顔の脱毛ができるの?